ビキニ島、日本では被爆?60年…生存者“放射能被害苦痛忘れなく”

28日午前日本、東京苦土区‘ユメノシマ(夢の島)公園’に用意された展示館の正門を開いて入ると、木でできた巨大な船体が目の前に繰り広げられる。 1954年3月1日太平洋マーシャル制度のビキニ環礁でなされたアメリカの水素爆弾実験で被爆された日本の140t級マグロ捉え漁船第5フクリュウ丸の船体だ。 出さないの職員は“当時被爆された船体の実物だ。 この地域に捨てられて廃船になっていたことを直して1976年からこちらで展示している”と話した。

事故が発生した1950年代中盤は米-ソ連の核競争が始まった冷戦の入り口だった。 アメリカはその日午前6時45分(現地時間)マーシャル制度のビキニ環礁で‘ブラボー’と名前ついた水素爆弾実験を進めた。 爆発と共にできたキノコ雲が高さ4万mまで浮び上がったし、周辺200kmまで影響が及ぼした。

その日第5フクリュウ丸は爆心で東にわずか160km離れた海上で乗務員23人を焼いたまま操業していた。 第5フクリュウ丸展示館が2007年出した資料集を見れば、実験がなされた時間はまだ太陽が浮び上がる前である明け方だった。 突然に西側でパッとする閃光が現れた。 一部乗務員は突然太陽が浮び上がったのではないか考えたが方向は東側でない西側だった。 驚いた心をさわって朝食をした船員に7~8分後海を鳴る強い衝撃が伝えられてきた。 またした時間が過ぎて強い放射線を放出する‘死の灰’が降り始めた。

船員は急いで網を歩いて海域を抜け出ようとしたが4~5時間や死の灰に露出するほかはなかった。 死の裁可船員の皮膚に触れたり目・鼻・口に入った。
被爆の被害は想像を超越した。 当時乗務員23人の中で無線長だった駆け足野馬子供旗じるし(当時40才)が被爆の後6ヶ月ぶりに亡くなった。 彼を含んで13人が肝臓癌・肝経色・脳出血などで命を失った。 生き残ったこれらも頻繁な病気と被爆者という世の中の偏見に相対して戦って力に余った生活を送らなければならなかった。

当時二十歳だった生存者大石(80)は<読売新聞>とインタビューで“人間は核の恐ろしさを分かりながらも手で下ろせずにいる。今でも放射能の被害で苦しみを味わっている人々がいるという事実を記憶しなければならない”と話した。 大石は事故60年になる。

About

Categories: 歴史