日本史学者“安重根イトウ狙撃は犯罪ではない”

4275“アメリカと英国は帝国主義時代の恥ずかしい歴史まで教科書にのせました。 日本も自身の間違った過去をまともに研究して明らかにするならば韓国・中国・日本の間の歴史葛藤は一気に解決されるだろうと見ます。”ナカツカアキラ(中塚明・85)奈良女子大名誉教授は28日聯合ニュースとインタビューでますます右傾化する日本の歴史認識を批判して日本政府に厳しい忠告を与えた。

彼は1960年代から東アジアの近現代史を研究して日本の侵略史を暴いた知韓派であり代表的な‘日本の良心’と呼ばれる。ナカツカ教授は3・1記念日を記念して衣岩(ウィアム)ソン・ビョンヒ先生記念事業会が用意した記念講演のために前日訪韓した。

彼は“日本政府の歴史認識は全世界どこでも支持を受けられずにいる”として“だが、日本の言論風土で良心的な声を期待することはより一層難しい”と日本国内根強い右傾化傾向を指摘した。このために彼は‘草の根歴史交流’を代案として提示した。 彼は“民間交流で歴史認識を変えていくのが重要だ”と強調した。

実際に彼はこのような歴史歪曲を正そうと民間交流に先に立っている。 毎年我が国の東学農民運動激戦地を訪問していて、昨年には全南(チョンナム)倒立図書館に自身が所蔵した資料を寄贈した。3・1運動に対するナカツカ教授の考えは確かだった。

彼は“3・1運動は東アジア、一歩進んで世界民族運動の起爆剤になった運動だった”として“東学農民運動と義兵戦争を継承した韓国民族運動の大爆発”といった。また“第1次世界大戦以後世界各地で起きた民族運動のうち最も大きい意味を持ったし、中国の5・4運動も3・1運動で決定的な影響を受けた”と付け加えた。ナカツカ教授は日本で3・1運動がまともに教育されないという点を指摘した。 ‘そういう歴史的事実があった’程度で簡単に記述されるだけ、意味や背景は熱心に冷遇するという話だ。

彼は“進歩的知識人も朝鮮侵略、それに(彼に)先んじた東学農民軍と義兵虐殺に目をとじる”として“それで今の日本人は韓国人が歴史問題をなぜ提起するのかさえ理解できない”と嘆いた。

ナカツカ教授はスガ・ヨシヒデ(菅義偉)日本官房長官が中国、ハルビンに安重根義士記念館が入ったのを置いて“アン・ジュングンは犯罪者”という妄言をしたのも同じ脈絡で見た。 日本が帝国主義に入った19世紀後半を‘光栄の時代’で包装して、伊藤博文まで‘平和的な人物’で美化するということだ。
彼は“イトウは軍部とは違うように平和的であったというイメージがある”として“しかし彼は同学軍虐殺作戦に最高決定権者で深々と介入した人物で、安重根義士の狙撃は犯罪ではない”と話した。

About

Categories: 歴史